新入社員が一番ためになった社員研修とは?

ビジネスマナーの基礎研修

ビジネスの世界には様々なマナーがあります。言葉遣いはもちろん、手紙やメールの書き方にしてもそうですし、名刺交換や上座下座など数え上げればキリがありません。これらは新入社員だから覚えていなくても許されるものではなく、社会人であれば必ず身につけていなければならないことです。もし基本的なマナーができていなければ甘い考えの社会人だと認識されますし、どのような教育をしているのだと会社全体が疑われてしまいます。 しかし、社員研修で一通りマナーを学ぶことができれば知識として頭に入れることはできます。この知識をスムーズに現場で出していくにはある程度の経験が必要ですが、知っているのと知っていないとでは大きな違いです。

マネージメント・ゲーム

マネージメント・ゲームという社員研修が役に立ったという声は非常に多いです。これは、架空の会社を設立して上手く自分が手腕を振るいながら舵をとるというものですが、経営感覚を磨くことができます。 通常、一人の社員として働くのであれば経営感覚は二の次だという認識をされがちですが、決してそうではありません。全ての社員が経営感覚に優れていれば切磋琢磨できますし、会議でも良い提案が飛び交います。また、経費の使い方にしても磨かれた経営感覚を元に決定するので無駄がなく利益を上げやすいのです。 社会人にとって、伸び悩んだり壁にぶち当たることはありますが、このマネージメント・ゲームの経験によって乗り越えられたという声もあります。