社員研修の定番といえば?

ビジネスマナーの徹底

大手企業になればなるほど、時間をかけてきちんとした社内研修をする傾向が強いと言えるでしょう。では、定番の研修と言えばどのような内容のものを思い浮かべることが出来るでしょうか。 まずは、ビジネスマナーの徹底です。たとえば、あいさつなどの基本を始めとして、電話の取り方や敬語の使い方、そしてメール文面の作り方から服装全般のマナーまで、いち社会人として恥ずかしくないマナーについて学ぶことが出来る場だと言えるでしょう。職種や部署に限らず、ビジネスマナーとうのは一定していますので、新人全員がいっしょになって学ぶことが多いと言えます。 研修期間は会社によるのですが、1日から1週間程度だと思っておくと良いでしょう。

技術的なことについて

次に、これは仕事内ようにもよるのですが、技術的な内容について学ぶことも多いと言えます。 例えば、どのような職種でも必ず使うパソコンの基礎について研修を受けるということです。会議の際に使うパワーポイントやワードやエクセルについての研修もそうですし、場合によってはフォトショップやイラストレーターの基礎について学ぶこともあるでしょう。 また、会計や経理の方がいるような会社でしたら問題ないのですが、中小企業などの場合には伝票作成の方法なども学ぶ機会が出てくると思います。外回りをした際の交通費などの伝票を切るというのは、仕事をしていると日常茶飯事のことになってきますので、最初にきちんと覚えておくことが必要になってくるのです。